========================================================
◇イサン 正祖大王

       

========================================================
◇ソドンヨ(薯童謡)1〜37


・1〜10 ・11〜20 ・21〜30 ・31〜37
※数字は実際のドラマの話数とは関係ありません。

========================================================
◇ヨンゲソムン(淵蓋蘇文)


・1〜10 ・11〜20 ・21〜30 ・31、32
※数字は実際のドラマの話数とは関係ありません。 ========================================================
◇大祚榮(テジョヨン)


・1〜10 ・11〜20 ・21〜30 ・31〜40 ・41〜50 ・51〜60 ・61〜70 ・71〜75
========================================================
スポンサードリンク

2008年05月17日

ソドンヨ 行動開始

○前回のあらすじ



法王に「私がムガン太子だ」と宣言したチャンは、法王とフクチピョンを人質にとります。

法王2.jpg

貴族を迎えたいたチンガギョンは、みんなに


王位奪還を実行している 事を話します。


そしてワングは、ウィドク王が認めた王 四男は、


みんながよく知っているチャンだ!!! 


と、ついにばらしてしまいました。



そこにユリムが現れ、


サッテギルを逃がしてしまった


というんです!



チャンは、人質の法王とフクチピョンを連れて行こうとしたところ、


サッテギルが襲い掛かり、2人を助け出しました


サッテギルは、執拗にチャンを追い詰めますダッシュ(走り出すさま)


モッラス博士は死んだ。俺が剣で刺した。

悲惨な姿を見せてやりたかった!

そして、ソンファの正体も俺の正体もすべて話した!



とチャンをあおります。


チャンは、たまらず攻撃に出ましたパンチ


チャンとサッテギルの戦いは続きます。




人質から解放された法王の元に、ウヨン姫が連れてこられました。


法王は、怒りウヨン姫を叩きつけますむかっ(怒り)


サッテギルは、その様子から四男がチャンであることを聞き驚きますがく〜(落胆した顔)



寺に逃げたチャンは、官軍と戦うため、


自ら指揮をとる事を宣言しました!!



そして再び、チャンとサッテギルの戦いが始まりました。

チャンの勢いが勝りサッテギルは退却し、その間にチャンらは避難します。



元山島についたモジンは、島の様子を見て


モッラス博士が死んだ事を確信します。もうやだ〜(悲しい顔)


モジンは、悲しむまもなく島を離れました。




ん?モッラス博士の姿が・・・





ワングらが、モッラス博士の葬式をしようとしていたところにモジンが現れます。

モジンは、

太子様と同じ意見で、葬式は王座についた後にするべきだ。

と言い、モッラスの遺言を伝えます。


「国策案を実現させろ」


という事です。


と話しチュソン島に向かいました。



チャンらは、今後どうするべきか話し合います。


チャンは、

22ヶ所の役所を取り戻すと言い、まず各地に張り紙し民に知らせる

と話しました。


チャン5.bmp


早速、張り紙が張られますあせあせ(飛び散る汗)



私はムガン太子 チャンだ。

ウィドク王が認めた後継者はこの私だ。

阿佐太子、ウィドク王、モッラス博士は、

みんな奴らに殺された!

私は国と民を取り戻す!!!

手始めに5日後に22ヶ所の役所を全部取り戻す。






その頃宮殿では、法王がウヨン姫らを拷問にかけていましたexclamation×2

そして、まだ小さいウチに切りつけたんです!!!


法王、怒りでおかしくなってるねダッシュ(走り出すさま)


夜になっても拷問が続いていました。



そんなところに、また街に張り紙が張られている事の報告が入ります。


法王は、慌てふためきますあせあせ(飛び散る汗)

法王.bmp

どうやって兵を集めたんだ!

と、さらに怒りますちっ(怒った顔)



そんな様子を見た貴族の人たちは、自分達の身を守るため、


ビョンジョン会議を開きました。


そこで、貴族は王に、


地方に衛士部の兵士を送ってほしい


と訴えます。



その話を聞き、法王は、


兵を地方におびき寄せ、宮殿を攻撃するつもりだ。

衛士部と親衛隊には、チャンの仲間がいるはずだから、

奴らの味方を洗い出しておけ!!



と命じました。


早速、サッテギルとフクチビョンは、チャンの仲間を探すのですが見つかりませんあせあせ(飛び散る汗)


王はそれを聞き兵を、拷問にかけ始めました


さらに、貴族に私兵を出せ!


と言うんです。

これには貴族の皆は猛反対でした。



サッテギルの元に、いろんな役場の情報が届けられます。




そして、法王の元に大きな箱が届きました


中には、道武の役場長が閉じ込められていました。


そして、現状を話しました。


5日後にすべての役場を手に入れる


という伝言を伝えると法王は、怒り狂ってしまいましたちっ(怒った顔)


チャンとワングらは、今後の作戦を話し、

チャンは、

今回は22ヶ所すべての役所を取り戻す

と提案しました。


サッテギルは、法王に

チャンの作戦から、道武を守る事を話しました。

法王は、貴族に


私兵を宮殿に集め、私を守れ


と命じます。

貴族は、自分達の身が危なくなると反論しますが・・・




そんな頃、拷問を受け牢に入れられていたウヨン姫の弟ウチが、


死んでしまいましたがく〜(落胆した顔)


また、法王のせいで死んでしまったあせあせ(飛び散る汗)



そんな頃、各役場と貴族の下に手紙の付いた矢が放たれます。

ムガン太子の反乱だと言う事は、民も知っており

兵士も動揺しますダッシュ(走り出すさま)



チャンは、役場を取り戻す準備を整えていました。

そこにモジンから手紙が届きます。

こちらも国策を練り準備している

と。


チャンは、ワングとチンガギョンに今後の作戦を


予告では、2日後だが今日出発します。

どこまで無血で進めるかにかかっています。



と伝え出発しました。


法王は、貴族に私兵を側に置くよう命じていましたが、


反対する貴族は、私兵を返してほしい

と訴えます。しかし、法王は、


返せばチャンに投降する気だろう


と話を聞きません。

さらに法王は、貴族に


命令書を書かせ、誰も宮殿から出てはいけない!


と命じるんです。



法王は、だんだんヤバくなってきたたらーっ(汗)



そして、サッテギルが討伐に出陣しようとしたところ


サビ城の烽火が上がりました!


烽火は、国中に知れ渡ります。


しかし、それこそチャンの作戦でしたexclamation×2


チャンは、面中の人々を無傷で仲間にしましたグッド(上向き矢印)


それをきっかけに各地で仲間が増えていきました。


どんどん進軍します。



宮殿では、法王のために戦おうとするは、

サッテギルとフクチビョンだけになってしまいました。


この2人どうするんだろうね。



法王は、チャンに投降した貴族を拷問にかけ、

ついに首をはねてしまいました


貴族は、王が正気を失ったと判断しています。

貴族.bmp


さらに自分達が一番いい方法を探しているようですダッシュ(走り出すさま)



チャンの元に新羅のポリャン法師が、突然やって来ました。


新羅の王の命令で、

ソンファ姫の身分を回復したのに新羅に

戻らないなら新羅の護衛兵をつけるしかない。

望みならもっと新羅の兵を送る



と伝えました。


新羅の僧と兵が来た事で、問題が増えてしまいましたバッド(下向き矢印)


チンガギョンとチャンは、どうするのか?



チンガギョンは、チャンに


私が新羅に帰って王様を説得します。


というと、チャンは


私が迎えに行きます


といい、お互い待つ事に決めました揺れるハート

チャンソンファ.bmp



チャンとチンガギョンは、別の道を進み始めました。



ついにチャンとサッテギルの決戦の日が来ました。

場所は、ノティ峠の峡谷です。

チャンもサッテギルも決死隊を編成しました。


いよいよノティ峠で戦いが始まりましたむかっ(怒り)



宮殿では戦況を聞き、法王も貴族も自分達の身を守るために

いろいろと考えていました。



貴族は、チャンに寝返ろうとしているようです。




ノティ峠での戦いは、

ついにチャンとサッテギルの一騎打ちとなりました。


ムガン太子3.jpg サッテギル3.jpg


チャンは、

モッラス博士の仇を討つ!

決して許さない!!



といい、サッテギルは、


俺の人生を返せちっ(怒った顔)

と反論します。


しかし、チャンは、


自分の運命を他人にゆだねるのが悪い。

自業自得だ



とついに サッテギルを刺しました!!!


ついにこの2人に決着が付くのか?






他にもありますよ。にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  ブログランキング2.gif


posted by ひよ at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ソドンヨ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。