========================================================
◇イサン 正祖大王

       

========================================================
◇ソドンヨ(薯童謡)1〜37


・1〜10 ・11〜20 ・21〜30 ・31〜37
※数字は実際のドラマの話数とは関係ありません。

========================================================
◇ヨンゲソムン(淵蓋蘇文)


・1〜10 ・11〜20 ・21〜30 ・31、32
※数字は実際のドラマの話数とは関係ありません。 ========================================================
◇大祚榮(テジョヨン)


・1〜10 ・11〜20 ・21〜30 ・31〜40 ・41〜50 ・51〜60 ・61〜70 ・71〜75
========================================================
スポンサードリンク

2008年03月07日

ソドンヨ 譲位

○前回のあらすじ



TV ソドンヨDVD予告映像


譲位の準備をするために洞窟に向かう阿佐太子。

阿佐太子2.bmp


譲位に気づいたプヨソンは、阿佐太子に譲位させないように作戦を立てます。


その作戦を


サッテギルに任せることにしました。



何をするのかと思えば、




阿佐太子を暗殺する




らしいんですがく〜(落胆した顔)




プヨソンは、王に命じられ国境の警備に出発しました。


結局、東明祭はプヨソン抜きで行われることなりました。





サッテギルは、こっそり阿佐太子の後をつけ様子を見ます。



いよいよ、洞窟で儀式が始まりました。


とその時、



侍従が太子に襲いかかりました がく〜(落胆した顔)



やばいexclamation×2



と思ったら、



予測していたチャンが太子と入れ替わってました ダッシュ(走り出すさま)



よかったねぇ るんるん




安心して阿佐太子が、侍従から事情を聞きだそうと思ったら、








なんと、短剣で阿佐太子を刺しました むかっ(怒り)







ひえ〜。


身代わり作戦失敗




隠れていたサッテギルは、ここぞとばかり阿佐太子を追い詰めます。


みんなばらばらで逃げ延びるのですが、阿佐太子は気を失ってしまい・・・



チャンは、阿佐太子を連れて儀式を行った洞窟に戻りました。




そこには、治療用の薬も置いていたからです。



治療すると何とか阿佐太子は、意識を取り戻しました。




ほっどんっ(衝撃) 一安心。



チャンは、阿佐太子が意識を取り戻すまで考えていました。


このまま阿佐太子が死んでしまえば、



兄上とも呼べない



と。


チャンは、決断し持っていた五色夜明珠を見せました。



そして、


私が太子様の3番目の弟です



ついに言っちゃいましたどんっ(衝撃)




そんな頃、モッラス博士は城に戻り、事件があったことを王に話します。

早速、王の親衛隊が兵を連れて太子救出に向かいました。




一方、プヨソンの元にサッテギルから手紙が届けられました。



阿佐太子を傷つけましたが、行方不明です。

最後の手段があるため、まだ帰らないでください。



という内容でした。




阿佐太子は、


東明祭に間に合うようなんとか城に戻りたい


と言い、チャンと一緒に傷ついた体で洞窟を出ました。



ついに、東明祭の日がやって来ました。

隣国からも多くの使臣を招き太学舎も準備に追われていました。




チャンと阿佐太子は、サビ城の市場まで戻り安心していました。


人ごみの中を歩いているとその時、




何者かが阿佐太子を刺しましたがく〜(落胆した顔)


阿佐チャン.bmp





それが致命傷になり、阿佐太子、



死んでしまいました




ぎゃー  阿佐太子ぃ〜もうやだ〜(悲しい顔)



阿佐太子が死んだことは、王にも知らされ東明祭どころではなくなってしまいまいした。



このことは、プヨソンの元にも知らされました。

プヨソンは、早速城へ戻りサッテギルを呼びます。

プヨソン ギル.jpg

王の前では、百済中探して犯人を見つけると言いながら、サッテギルには、



思いもよらない方法で実行するとは。お前の手柄は忘れない。



と言います。



プヨソン怖いっすダッシュ(走り出すさま)


そんな頃、居所が分からなかったモジンがモッラスを呼び出します。


呼び出された場所に行くと、そこにいたのは・・・



洞窟で阿佐太子を刺した侍従でした。



早速、王の元に連れて行かれ、王自ら尋問します。



しかし、この犯人なかなか口を割らないんですちっ(怒った顔)




サッテギルは、犯人の弱みを握っているのか、赤い布をフクチピョンに渡し、犯人に見せました。


すると犯人は、


舌を噛んで自害しようとしました。



翌日、再度尋問が始まりました。

牢に入れられる前にこっそり手渡された手紙のとおり、犯人は自白し始めます。




四番目の王子に頼まれました




と。



きぃーちっ(怒った顔)  サッテギルぅ〜パンチ







他にもありますよ。にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  ブログランキング2.gif


posted by ひよ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ソドンヨ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。