========================================================
◇イサン 正祖大王

       

========================================================
◇ソドンヨ(薯童謡)1〜37


・1〜10 ・11〜20 ・21〜30 ・31〜37
※数字は実際のドラマの話数とは関係ありません。

========================================================
◇ヨンゲソムン(淵蓋蘇文)


・1〜10 ・11〜20 ・21〜30 ・31、32
※数字は実際のドラマの話数とは関係ありません。 ========================================================
◇大祚榮(テジョヨン)


・1〜10 ・11〜20 ・21〜30 ・31〜40 ・41〜50 ・51〜60 ・61〜70 ・71〜75
========================================================
スポンサードリンク

2008年01月23日

淵蓋蘇文 革命

閲兵式が行われる日に向け、準備をするヨンゲソムン。

テゴルジュンサンも、準備を整え、王都の外郭で軍を待ち構えていました。

チュンニも帰りました。




栄留王もヨンゲソムン対策に、いろいろと手を打っています。





閲兵式には、ヨンテス以外の家臣が参加し、さらに高勝将軍も参加しました。


いよいよ、閲兵式が始まりましたひらめき


始まると四方の門が閉ざされ、誰も中には入れないようなってますexclamation




途中、臣僚らを別棟に案内し門を閉めました。

そこで、ついに



逆賊の処刑が始まりました。




一人一人名前を呼び上げ、一人一人殺していきましたがく〜(落胆した顔)




ひぇ〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)





栄留王の元にも、状況が知らされ、ヨンテス共に覚悟を決めますむかっ(怒り)



ついに、最後まで処刑が終わりました。





その後、ヨンゲソムンは、栄留王の元にテゴルジュンサンと向かいました。



栄留王は、ヨンテスと最後の酒を交わし、テゴルジュンサンとヨンゲソムンの前に現れました。


そして、栄留王は、




私もヨンゲソムンと同じく高句麗を大切に思っていた。

これからは、そなたたちの手で高句麗を栄えさせるのだ。




という言葉を残して



自ら毒杯をあおり、自害してしまいました。


ヨンテスも後に続きました。



西暦642年の出来事でした。






その後、高大陽大人の子 ポジャンを新たな王に即位させました。


しかし実際は、大莫離支となったヨンゲソムンが高句麗を動かすこととなりました。




ただ、ヤンマンチュンが・・・





一方、唐の李世民の元にもヨンゲソムンが革命を起こしたと連絡が入り、

やっと私と対等に戦える相手が現れた




と高句麗を攻め込む事を決めたのでした。






他にもありますよ。にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  ブログランキング2.gif






posted by ひよ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 淵蓋蘇文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。