========================================================
◇イサン 正祖大王

       

========================================================
◇ソドンヨ(薯童謡)1〜37


・1〜10 ・11〜20 ・21〜30 ・31〜37
※数字は実際のドラマの話数とは関係ありません。

========================================================
◇ヨンゲソムン(淵蓋蘇文)


・1〜10 ・11〜20 ・21〜30 ・31、32
※数字は実際のドラマの話数とは関係ありません。 ========================================================
◇大祚榮(テジョヨン)


・1〜10 ・11〜20 ・21〜30 ・31〜40 ・41〜50 ・51〜60 ・61〜70 ・71〜75
========================================================
スポンサードリンク

2008年01月18日

淵蓋蘇文 チュンニの策略

ヨンゲソムンと栄留王の唐に対する政策の違いがはっきりし、お互い譲りません。

ていうか、ヨンゲソムン派が多いんだけどねダッシュ(走り出すさま)

民も巻き込んで高句麗は、ざわついとりますどんっ(衝撃)



栄留王とヨンテスさらにヨクサル達は、高句麗の内政を安定させるために、唐に対して屈辱的な政策をとっています。

一方、ヨンゲソムンらは、高句麗の威厳を保つため、唐に攻め込み高句麗の地位を保とうとしています。

どっちの政策が、高句麗の民にとって分かりやすいかといえば、そら、ヨンゲソムン派でしょうexclamation


王さん、も一回考え直しなはれたらーっ(汗)

て、家臣がみんな言えばいいんだけどね〜。



そんなこんなで、高句麗の威信として隋の兵の屍の上に建てた京観を李世民の命令どおり壊しちゃいましたがく〜(落胆した顔)



さらに、ヨンゲソムン派を一掃しようとヨンテスらは、策を講じています。

ヨンテス.bmp

これには、ヨンゲソムンも耐え切れず、チュンニに意見を求めます。

チュンニは、ヨンゲソムンの心を理解していて、ヨクサルに媚を売り妥協するか、高句麗のために立ち上がるか、決断するのに時間を要しているのだと。


さすがやねー チュンニひらめき


ヨンテスは、ヨンゲソムンが謀反を起こすことを予想し、いろいろと策を練ります。

ヨンゲソムンらを、辺境の地へ追いやり、


千里の長城を築かせようダッシュ(走り出すさま)


さらに、ヨンゲソムンに東部家門のヨクサルの座を授け、長城の北端夫余城に送り監視しようと栄留王に提案しました。


ヨンテスもすごい策士ですなむかっ(怒り)


チュンニはヨンゲソムンに、阿利水にいる大乞仲像(テゴルジュンサン)に協力してもらおうと話しました。。

チュンニは、早速、双剣女を連れてテゴルジュンサンの元へ向かいました。

ヨンテスは、それを阻止しようと部下を送り、道中でチュンニを殺そうとしますが、逆に

双剣女に返り討ちされましたあせあせ(飛び散る汗)


それにしても、双剣女とはすんごい名前ですなあせあせ(飛び散る汗)



で結局、東部大人に任命されたゲソムン。またまた、栄留王と話し合います。

ここでもお互いの主張を話すばかり。

最後に栄留王は、ゲソムンに

考えを改め私の意向に従えるか?

王の命令としてではなく、ゲソムンを慕う一人の男として、最後の頼みだ。


と話します。しかし、ゲソムンは間髪いれず


誤った道を進むことは出来ませんふらふら


と答え、ついに決別してしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)



チュンニは、テゴルジュンサンに策を話します。

チュンニ.jpg

ゲソムンの東部大人継承式で、四方の門を閉じ家兵を投入し臣僚とヨクサルの息の根を止める。

と。

ついに、策が明らかになりましたパンチ




他にもありますよ。にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  ブログランキング2.gif


posted by ひよ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 淵蓋蘇文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。