========================================================
◇イサン 正祖大王

       

========================================================
◇ソドンヨ(薯童謡)1〜37


・1〜10 ・11〜20 ・21〜30 ・31〜37
※数字は実際のドラマの話数とは関係ありません。

========================================================
◇ヨンゲソムン(淵蓋蘇文)


・1〜10 ・11〜20 ・21〜30 ・31、32
※数字は実際のドラマの話数とは関係ありません。 ========================================================
◇大祚榮(テジョヨン)


・1〜10 ・11〜20 ・21〜30 ・31〜40 ・41〜50 ・51〜60 ・61〜70 ・71〜75
========================================================
スポンサードリンク

2009年03月01日

王と私 17・18話「チギョムの不正」

ようやく側室と認められたソファと、体調が回復したチョソン。

これからどうなっていくのか・・・





チギョムから宮殿の外の仕事を頼まれたチョソン。

チギョムは、

宮殿の外の出来事は何も話してはならない


と命じました。


上党君の手紙を見た大妃は、

チギョムが不正を働いているとハンスに不正を調べさせました。

大妃は、チギョムの不正を暴こうとチョソンを捕らえますむかっ(怒り)


そんな時、王妃が懐妊しましたグッド(上向き矢印)


しかし、体の弱い王妃。どうなるのか・・・



チギョムは、不正をチギョムのせいにしているのは、
上党君の仕業だと理解し上党君と戦う事を決めますexclamation



ソファは、チョソンが無実だと王に話しているとそこに大妃が現れます。

大妃は、チョソンを庇うソファを許せず、


チョソンがチギョムから命を受けたものなら、宮殿を去る事になる。
だから公平に調べよう


と話しました。


チギョムの秘密の手紙を手に入れたハンスは、半分を上党君に
後の半分をチギョムの父の世話人ソリョンに渡しました。


ハンスは、ソリョンと手を組む事で、自分がのし上がっていけると考えていたのでした。


そんな時、王妃は体調を崩してしまいますダッシュ(走り出すさま)



チギョムは、上党君に直接会い交渉します。

ハンスが持っているあの手紙をたてに脅そうとしましたが、既に上党君の手元にあり・・・


チギョムはどうするのか。


翌日、チギョムは、王と大妃大王大妃の前で、自分の罪を認めましたexclamation×2

しかし、横流しした品物の理由を話します。

財産が少ない王室のために、その品物を使い王室を保ってきた と。


王と大王大妃は、理由を聞き納得したものの、大妃だけはチギョムの罪を問おうとします。


しかし、チギョムが事を朝廷の反発を穏便に収集させる事を条件に
チギョムの罪を問わない事としました。



ソリョンは、チギョムの養父にハンスを養子にするよう話します。

しかし、養父はハンスを養子にしませんでしたあせあせ(飛び散る汗)


再度、上党君に会ったチギョムは、

ハンスが渡した手紙が本物の写しで、本物をチギョムが持っていることを話し、上党君を無理やり納得させましたパンチ


しかし、その手紙の本物は、燃やしてしまいこの世に存在していませんでしたexclamation×2

本物を持っていると話したのは、上党君を黙らせるために考えたチギョムの作戦でした。


チギョムの罪もはれ、チョソンも解放されましたひらめき


王妃は、亡霊にお腹の子を連れ去るという幻に悩まされていました。

そして、ある日散歩をしていると、倒れて気を失ってしまいました!


側室となったソファは、大妃に自分の意見を言うことで、それまでも目の敵にされていたのにさらに印象を悪くしそうですねダッシュ(走り出すさま)

まあ、この先この2人の関係が物語の展開に関係してくるんですが・・・

それにしても、チギョムもいろいろと考えてますねexclamation

底が知れないというか。


王妃は、どうなるんでしょう?お腹の子は?


王と私のDVDBOXが発売されてます!

チェックしたい方はこちらで

     ↓↓↓



王と私 第1章 後編 DVD-BOX


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
              他のドラマも見てみよう!
ブログランキング2.gif


posted by ひよ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 王と私 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。