========================================================
◇イサン 正祖大王

       

========================================================
◇ソドンヨ(薯童謡)1〜37


・1〜10 ・11〜20 ・21〜30 ・31〜37
※数字は実際のドラマの話数とは関係ありません。

========================================================
◇ヨンゲソムン(淵蓋蘇文)


・1〜10 ・11〜20 ・21〜30 ・31、32
※数字は実際のドラマの話数とは関係ありません。 ========================================================
◇大祚榮(テジョヨン)


・1〜10 ・11〜20 ・21〜30 ・31〜40 ・41〜50 ・51〜60 ・61〜70 ・71〜75
========================================================
スポンサードリンク

2008年10月11日

黄真伊(ファンジニ)

黄真伊(ファンジニ)全24話 2006年KBS



ハジウォン主演の黄真伊(ファンジニ)を紹介します。

ハジウォンといえば、日本ではNHKで「チェオクの剣」が放送されたので知ってる方も多いでしょう。
チェオクの剣」では、茶母(タモ)という役で、男勝りな剣術を披露していたのが印象的でしたね。

今回の黄真伊(ファンジニ)は、うって変わって妓生(キーセン)の役を演じています。

美しく豪華な衣装と華麗な舞が目を見張ることでしょう。


●あらすじ

両班の父と妓生の母の間に生まれたチニは、母により幼い頃からお寺に預けられ育てられていた。
この時代は、妓生の娘として生まれたら妓生として生きるしかなかったため、それを避けようとお寺に預けたのでした。

しかし、少女になったチニは、母のことを思い街に出て、妓生の舞を見たときに、その魅力に取り付かれてしまう。
チニが見よう見まねで舞った舞を、松都教坊の行首(ヘンス)、ペンムが見つけ、チニの舞踏の才能を見抜く。

チニは、舞を舞いたいために母の反対を押し切って自ら妓生の世界へと足を踏み入れることとなった。

松都教坊で真の芸の道を求めながら、チニに思いを寄せる男達との出会い別れ、ライバルの妓生プヨンとの競い合い。
いろんな経験をすべて真の芸を極めるために生かしていく。

そして、チニが見つけたものは・・・

・主な出演者は、以下のとおりです。

ランキングに参加しています。今日は何位かな?
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  ブログランキング2.gif
 
・ファンジニ   ハ・ジウォン
・ペンム     キム・ヨンエ
・ウノ       チャン・グンソク
・キムジョンハン キム・ジェウォン
・ヒョングム   チョン・ミソン
・プヨン      ワン・ビンナ
・メヒャン     キム・ボヨン
・ピョクケス   リュ・テジュン




ファンジニは、16世紀の朝鮮王朝時代「チャングムの誓い」とほぼ同時代に最高の妓生として実在していました。

詩・書・音楽の才能だけでなく容姿に優れていたそうです。

韓国の歴史上の人物としてファンジニは広く知られているそうで、1936年にファンジニの小説が発売されてから、映画やドラマ、ミュージカル、オペラ、演劇、文学などいろんなファンジニが登場したそうです。

それほど注目をあびる女性だったんですね。

今回のファンジニは、韓国で放送されると、平均視聴率20%を超えましたひらめき
やはり、妓生の女性達の衣装の豪華さが目を見張り、韓国の伝統芸能 古典舞踊や古典楽器の演奏も聞けてより注目を浴びたのでしょうぴかぴか(新しい)

また、ハジウォンは、ファンジニでKBS演技大賞の大賞を受賞しましたるんるん
古典舞踏と古典楽器の訓練に励んだ結果名演技が出来たのでしょうね。


ドラマの中でも、松都教坊での舞の訓練シーンは、注目ですよexclamation×2

※チニの子役のシム・ウンヨンは、太王四神記のスジニの子役も演じてましたねわーい(嬉しい顔)

他にもありますよ。にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  ブログランキング2.gif


posted by ひよ at 17:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 黄真伊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、こんばんは、ひよ媽媽〜!
韓流ドラマは、主に時代劇を視聴している松下 左京と申します。

部屋の気温は、扇風機有りで29℃の残暑ですよ。冷たいモノばかり食べたりして、夏バテなんかしていませんか?

さて、「黄 眞伊」は視聴済みとのことなので、こちらに来ました。
昨日は、Youngなでしこ(U-20)W杯の3位決定戦(フジ系)⇒18U世界野球 順位決定戦(平たく言えば、U-18高校野球世界大会といったとこですか)(BS朝日)というテレビ視聴のリレーを決め込んでいたので、途中まで気が付きませんでしたが。サッカーの試合途中にチャンネルを変えたりすると…。
http://www.bs4.jp/programschedule/detail/detail_pc_201320849.html

ビックリしましたね。映画版(ソン・ヘギョ版)があったのはCS放送の番宣でやっていたので知ってはいましたが。まさか、今頃になって放送するとは…。

購入した「韓国時代劇 歴史大事典」(学研)によると、
ハ・ジウォン主演のドラマ『ファン・ジニ』が公開された約半年後に、同じ黄 真伊を題材としてソン・ヘギョ主演で公開された映画。題材が同じであるだけで、内容は全くの別物であるが、時期が近かったことで何かと比較された。ドラマの方は前半と後半とで異なる恋模様が描かれたが、映画版の方は、ユ・ジテ扮するノミとの恋模様のみが描かれている。黄 真伊の逸話として有名な王族の碧渓守(ヒョッケス)や除 敬徳(花潭)などはストーリーに盛り込まれた。  2007年6月6日公開

それにしても、このドラマを見て驚いたのは、
のちにFanのことを「うなぎ」と呼んでブレイクしたグンちゃんが、明月が恋して成就しなかった若君のウノ役で出演していたことです。まだ当時、19歳で今よりも若く、幼く見えましたし、こんなにグンちゃんブームが来るとは思ってもいませんでしたから。

竹島問題が勃発して、韓流ドラマは減少傾向になるでしょうから、映画版の再放送を望むのは難しいかもしれませんね。

こんな駄文で宜しければ、今後お付き合いしていただけると幸いです。
Posted by 松下 左京 at 2012年09月10日 02:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。